So-net無料ブログ作成

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち [ゲーム]




発売日:2013年2月7日

『ドラゴンクエスト』は
『ファイナルファンタジー』とならぶ
誰もが知っている王道RPGですが、

10年以上ぶりのプレイとなります。
印象としては、
「ファミコン時代の『ドラクエⅢ』には
随分泣かされたなあ〜」と、
セーブが消えまくって
結局クリアできなかったことを
よく覚えています。

さて、そんな印象を払拭してくれと挑んだ
3DS版『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』
2000年に発売されたプレステ版の
リメイクだそうです。

感想は
ドラクエってこんなに硬派なRPGだったんだ。
教会に行かないとセーブできないし、
HP0になったら、生きかえらせるのに、
けっこう金もかかる。
やりながら、そうだったな〜と、
いろいろ思い出してきました。

ストーリーは
たった一つの島だけしか陸地が存在しない
という世界が舞台となり、
その島に住む主人公たちが、
とあるきっかけから遺跡に潜り込んで
不思議な石版のかけらを発見し、
この石版のかけらを集めることによって
見知らぬ土地に移動し冒険をしていく
という物語です。

相当なボリュームで、
クリアするのに70時間以上かかりました。
裏ボスまで挑戦すると
100時間近くかかるかもしれません。
長く楽しめるのはありがたいです。

しかし、序盤はさくさく進むのですが、
後半は石版を集めるのが面倒くさくなってきます。
全体的にヒントが少なめなので、
攻略サイトに頼らないと
ストーリーが進まない状況もあり、
そこはストレスになるところでした。

ただ、難しいという程でもなく、
それなりに達成感が得られるので、
RPG好きで、まだプレイしたことがない人がいたら
おすすめです。



【メーカーホームページ】



この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。

ファイアーエムブレム 覚醒
ブレイブリーセカンド
ブレイブリーデフォルト
ゼノブレイド


スポンサーリンク




ファイアーエムブレム 覚醒 [ゲーム]




発売日:2012年4月19日

なんとシリーズの第13作目にして
初めてのファイアーエムブレムに挑戦しました。

10年ぶりのゲームとはいえ、
小さいころはゲームが好きで、
当然『ファイアーエムブレム』は当時から
人気作品だったのですが…

どうも私はシミュレーションゲーム(SRPG)に
苦手意識があるようで、
なかなか手につかなかったわけです。
難しいイメージが強いんですよね。

しかし大人になった今こそ克服しようと
『ファイアーエムブレム 覚醒』を
購入しました!

さて感想はというと、
ストーリーについてはフルボイスではなく、
セリフの冒頭のみ
定型文(「ええっと」や「あれ」のような)を
使いまわしているので、
少し違和感を感じてしまいます。

そして、
ファイアーエムブレムシリーズのシステムを
理解していないため、最初混乱ぎみ。
強い武器を手に入れて、
調子に乗って使いまくってたら、
使用回数に制限があるとか!

ただし慣れてくると非常に面白いです。
特に2人のユニットが隣接する「デュアル」と、
同時に1つのマスに入る「ダブル」というシステムは
戦闘時に味方ユニットが加勢し2対1の状況にできるため、
さまざまな「支援効果」を受けることができます。

戦えば戦うほど2人の支援度(絆)が上がり、
「支援効果」も大きくなるので、
楽しくなってレベルを上げすぎてしまう…

この「デュアル」と「ダブル」というシステムは
今作が初登場だそうで、
昔からの『ファイアーエムブレム』ファンには
不満がある人も多そうですね。

ただ私にとっては
とてもありがたいシステムでした。
難易度も「ノーマル」「ハード」「ルナティック」の
3段階から選べるので、
苦手意識があったにもかかわらず、
ストレスを感じることなく楽しめました。

私のようにSRPGに苦手意識がある人は
『ファイアーエムブレム 覚醒』から初めるのも
ありではないでしょうか。



【メーカーホームページ】



この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
ブレイブリーセカンド
ブレイブリーデフォルト
ゼノブレイド


スポンサーリンク




BRAVELY SECOND【ブレイブリーセカンド】 [ゲーム]




発売日:2015年4月23日

2012年にリリースされた
『ブレイブリーデフォルト』の続編です。
前作からストーリーが繋がっているので、
ブレイブリーデフォルトをプレイしていない方は
そちらからはじめることをおすすめします。

『ブレイブリーデフォルト』は
すでに当ブログで紹介しており、
システムはほぼ同じなので、
他のところで、
気になっことを書こうと思います。

まずは
ゲーム内のキャラクターの掛け合いが
多すぎます。
フルボイスで感情移入しやすいのは良いのですが、
ここまで会話が多いとやりすぎじゃないかと…

ただし、ストーリーは前作から作りこまれていて、
それなりのテキスト量が必要なのはわかります。

だから、どうでもいいキャラクター同士の会話も
かなりあるので、そこをもっと他の要素に費やしてほしかった。

戦闘システムは前作同様面白く、
音楽はryo(supercell)さんが担当されています。
多くの人が前作のRevoさん方が良いと評価されていますが、
私は今作『ブレイブリーセカンド』の
ryoさんの音楽の方が好きです。
テーマ曲の『Great Distance』がかっこ良すぎ!
何度聞いても気持ちいい。

そしてエンディングも前作より
今作『ブレイブリーセカンド』の方が好きです。
ネタバレになるので書けませんが、
良く考えられてます。

第3作に繋がる終わり方だったので、
次回作がとても楽しみです。



【メーカーホームページ】





この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
ファイアーエムブレム 覚醒
ブレイブリーデフォルト
ゼノブレイド


スポンサーリンク




BRAVELY DEFAULT【ブレイブリーデフォルト】 [ゲーム]




BRAVELY DEFAULT(ブレイブリーデフォルト)は
2012年10月11日に
『ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー』として発売され、
2013年12月5日に
『ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル』として
完全版が発売されました。
私がプレイしたのは完全版の方です。

このゲームはまさに
「王道ファンタジーRPG」で、
ファイナルファンタジーシリーズが好きな
私のような人は楽しめるのではないでしょうか。

私は背景のグラフィックがとても好きで、
とび出す絵本のような世界観は
3DSの立体視と非常に相性が良いと思います。

そしてなんと言っても、
このゲームの面白さは戦闘システムにあります。
定番の1ターンに一回づつという行動回数ではなく、
デフォルト(防御状態)することでブレイブポイントが溜まり、
溜めたブレイブポイントをブレイブで消費すると、
同一ターン内での行動回数を
最大4回まで増やすことが出来るシステムです。
このシステムに慣れると、
戦闘に参加する4人それぞれの
ジョブとアビリティの組み合わせを考えることで、
ボス戦が非常に楽しくなってきます。
私はどうやったら相手の攻撃を封じれるかを考え、
いろいろ組み合わせた結果。
ラスボスも裏ボスもノーダメージで
勝利することができました。

また、Revoさんが担当したBGMが良いです。
イベントシーンやエンディングは特に感情移入をするのに
音楽が重要な要素であることがわかりますね。

ちなみにストーリー4章までを無料でプレイできる
『ブレイブリーデフォルト たっぷり無料で遊べる版』が
ニンテンドーeショップでダウンロードできます。
かなりのボリュームなので、
これだけでも結構楽しめると思いますよ。



【メーカーホームページ】





この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
ファイアーエムブレム 覚醒
ブレイブリーセカンド
ゼノブレイド


スポンサーリンク




Xenoblade【ゼノブレイド】 [ゲーム]




発売日:2015年4月2日

言わずと知れたJRPGの傑作。
2010年にWii用に発売され、
NEW 3DSに完全移植したものです。

私にとってゼノブレイドが初めてのオープンワールドゲームでした。

とにかく広い!
オープニングの街で迷子になってしまいました。
圧倒的な世界の広さだけでなく、
作り込みがすごいので、
フィールドを移動するだけでも楽しい。
しかも崖から飛び降りてもゲームオーバーにはならず、
ランドマーク(自動セーブポイントみたいなもの)に戻るだけで、
ペナルティーがないので、
気軽に気になったフィールドを探索できる。
ちなみに戦闘後はHPが全回復します。

内容ですが、
巨大な神の骸を舞台にした、
機械と人との戦いをテーマにしたストーリーで、
ファンタジーにSFの要素が入っており、
非常に楽しいです。
しかもイベントはフルボイスで
さらに感情移入してしまいます。

携帯ゲームでこんなことができる時代になったのか。
今後にとても期待します。

ただし、ゼノブレイドの画質はお世辞にも綺麗とは言えません。
そこは携帯ゲームの限界を感じてしまうところではありますが、
それを上回る価値のあるゲームだと私は思います。

ちなみにNEW NINTENDO 3DS専用ソフトなので、
3DSではプレイできません。
購入には注意が必要ですので、気を付けてくださいね。



【メーカーホームページ】





この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
ファイアーエムブレム 覚醒
ブレイブリーセカンド
ブレイブリーデフォルト


スポンサーリンク




FX会社選び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。